Q&A

Q.レントゲンや麻酔、お薬の服用はおなかの赤ちゃんに影響はありませんか?

妊娠中のレントゲン撮影、歯科麻酔、投薬は積極的には行いませんが、どうしても必要な場合、しっかりとご相談の上、行う場合があります。

歯科治療に使うレントゲンは歯の部分だけを映すものです。おなかに直接当たることはありませんし、撮影を行う際は鉛のエプロンをかけてレントゲンの被曝を防ぎます。おなかの赤ちゃんへの影響はありません。

歯科治療に使う麻酔は「局所麻酔」という方法で、使用する麻酔薬の量は非常に少なく、通常量の使用で母子ともに影響はありません。

歯の痛みがひどい場合は我慢することが逆におなかの赤ちゃんに悪い影響を与える場合があります。服用の必要がある薬も、赤ちゃんへの影響が少ないものを選択します。

歯科治療を受ける前に、産婦人科の担当医に一度ご相談されることをお勧めします。また、歯科治療の際は、歯科医師と十分にご相談いただき、納得された上で治療をお受けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA