Q&A

Q.むし歯はどのように進行するのでしょうか?

 

A.CO→ C1→C2→C3→C4という段階で進行します。

 

CO

歯の表面が透明感を無くして、チョークのように白く着色している状態です。まだ症状も無く、むし歯の穴があいていないので治療の必要はありません。十分な歯磨き、ご家庭でのフッ化物の応用、歯科医院での高濃度フッ素塗布、正しい食生活を行うことで、その後の進行を止めることができます。ただし、白い着色は元には戻りません。

C1

歯の表面のエナメル質にだけ穴があいている状態で、痛みは感じません。むし歯の部分を取り除いて、白い材料や金属を詰めます。むし歯の部位によっては進行止めの薬(サホライド)を塗って様子をみることもあります。

C2

エナメル質の下の象牙質までむし歯が進行した状態です。冷たいもの、甘いものなどでしみることがあります。治療の際は局所麻酔が必要になり、むし歯の部分を取り除いて、白い材料や金属を詰めます。

C3

むし歯が象牙質を破壊して神経に達している状態です。神経への感染の程度により、余り痛みがないものから、激痛を伴うものまで様々です。激しい痛みを通り過ぎると、神経が死んでしまうため一時的に痛みが落ち着きますが、そのまま放っていると炎症が神経を通り過ぎて歯根膜にまで広がり、さらに激しい痛みを伴って腫れたり膿が出たりします。治療は、歯を大きく削り、神経を取り除きます。基本的に局所麻酔が必要になりますが、神経がすでに死んでいる場合は麻酔が必要ない場合もあります。処置後は痛みは無くなりますが、神経を取り除いた歯はもろくなり破折しやすくなりますので、最終的に土台を立て、被せ物をする必要があります。

C4

むし歯によって歯のほとんどが無くなり、歯の根にまでむし歯が進行している状態です。ここまで進行すると治療は不可能になりますので残念ながら抜歯しなければなりません。むし歯が見つかりましたら、一刻も早く治療することをおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA