Q&A

Q.親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?

極力歯を残して、元のように戻すことが、基本的な歯科治療の原則です。しかし、親知らずは一番奥にある歯なので、不潔になりやすく、歯肉炎が生じて痛みを伴うなど、とてもトラブルの多い歯です。

親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?

 

●抜いた方がいい場合

・歯磨きが難しく、歯茎の腫れを何度も繰り返している

・治療すると大がかりになりそうな虫歯ができている

・親知らずが原因で、手前の歯の歯周病が進行している

・治療や入れ歯を作るのに邪魔になっている

・歯並びの乱れの原因になっている

・咬み合わせや顎関節に障害をもたらしている

 

●抜かなくてもいい場合

・真っ直ぐきれいに萌えていて、歯磨きが十分に行える

・骨の中に完全に埋まっている

・一部見えているが、他の歯に悪影響を及ぼしていない

・歯の矯正や歯の移植、ブリッジや入れ歯の支えに利用できる

 

●抜くのを避ける場合

・骨の中の深いところに埋まっている

・妊娠中である

・全身疾患がある

・痛みや腫れがひどい(痛みや腫れが落ち着いてから抜歯)

 

A.このように、親知らずは必ず抜歯しないといけないものではなく、その親知らずの状態をお伝えして患者さんの意向を考えながら抜歯するかをご相談して決定いたします

ご心配な方は、まずご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA