講演会に参加しました

副院長がメリーランド州立大学准教授アリス・ホロウィッツ先生の「う蝕予防」に関する講演会に参加しました。
※う蝕予防の大切さを改めて学びました。子供のう蝕予防のためには、妊娠中のうちから子供の虫歯予防の大切さについて知ってもらうこと、そして、お母さん本人が治療されていない虫歯がないことが大切です。早期発見、早期治療も大切ですが、まず、虫歯をつくらない!を目指して私たちもお手伝いしていきたいと思います。

研修会に参加しました

院長、副院長が「根の治療(根管治療)」に関する研修会に参加しました。
※根管治療に使う器具(ニッケルチタンファイル)について学びました。速くて確実な根の治療のために役立てていきたいと思います。

研修会に参加しました

院長、副院長、歯科衛生士の栗山、谷内、歯科助手の峰が「オーラルフレイル」に関する研修会に参加しました。
※フレイルとは身体の衰えのことです。オーラルフレイル(お口の機能の衰え)はフレイルと大きく関わりがあります。
口腔機能の低下が軽微な場合、歯科にかかることで機能低下を改善し、それが全身の健康へとつながります。お口の機能向上につとめ、健康長寿をサポートしていきたいと思います。

研修会に参加しました

院長と副院長が「根の治療(根管治療)」に関する研修会に参加しました。
※根管治療に使用する薬品について学びました。今後のよりよい治療に役立てていきたいと思います。

講習会に参加しました

副院長、歯科衛生士の栗山、谷内が、保育士さんによる「乳幼児の発達」に関する講習会に参加しました。
※乳幼児期の発達がその後の成長の基盤となります。乳幼児の発達を促す保育や赤ちゃん体操などを学びました。

研修会に参加しました

歯科衛生士の栗山が「歯周病と糖尿病の関係」に関する研修会に参加しました。
※歯周病治療をきちんとした場合、HbA1c値が0.5%〜1.0%改善。
なんと、この改善は糖尿病に関連した死亡率を21%予防できるそうです!