勉強会に参加いたしました

副院長、歯科衛生士の栗山さん、谷内さんが、「健やかに育つ子どもたちのために、歯科からの提案」というテーマの勉強会に参加いたしました。

近年、子どもたちの体力低下や運動不足、姿勢の悪さが原因で、昔は見られなかった歯並びの悪さや口腔機能の低下がよく見られるようになってきているようです。

お口がぽかんと開いていたり、食べ物を上手に食べられないなどの口腔機能の低下は、赤ちゃんの時期から学習がうまくいっておらず、お口の中だけ診ていても改善できません。

子どもたちが健康に成長していくよう、私たちは歯科だけでなく他職種とも連携しながら、子どもの発達について認識を分かち合う必要があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA