講演会に出席しました

副院長が児童精神科医の渡辺久子先生による「乳幼児の心の世界」という講演会に参加しました。子供がお腹の中にいる時から、脳が急激に発達する乳幼児期、そして2歳になるまでの間(命の最初の1000日間)にとにかく愛情を持って接することが子供の成長には大切なのだそうです。

お母さん一人に負担がかかりがちな日本の育児事情の問題は根強いですが、お母さんは一人で抱え込むことなく周りのサポーターに頼りながら育児をすることが、お母さんも笑顔でいることができ、子供のより良い発達にもつながるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA