院内・設備紹介|土曜17時まで診療。長崎市樺島町の歯科・歯医者なら、ついき歯科クリニック

院内紹介

  • イメージ画像

    受付・待合室

    ご来院されましたら、受付までおいでください。雑誌などの読み物もご用意しています。明るく広々とした待合室で、のんびりお待ちください。

  • イメージ画像

    キッズスペース

    小さなお子さんも楽しく過ごしていただけるように、キッズスペースを設けました。保護者の方と一緒に、おもちゃや絵本で遊びながらお待ちください。

  • イメージ画像

    診療室

    診察台はすべてパーテーションで区切られています。ほかの患者さんの目を気にせず、治療を受けていただけます。診療台の前はガラス張りで、開放感のある明るい空間になっております。

  • イメージ画像

    完全個室の診療室

    完全個室の診療室もご用意しております。ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

  • イメージ画像

    カウンセリングルーム

    落ち着いた空間になっております。治療計画などじっくりお話しする際はこの部屋で行います。また、赤ちゃんをお連れのお母さまで授乳が必要な方は、カウンセリングルームを開放致しますので、お気軽にお声がけください。

  • イメージ画像

    お手洗い

    広々としたお手洗いで、全自動です。車椅子の方、ベビーカーも入室できます。入室すると自動でふたが開き、用が終わると自動で流れ、ふたが閉まります。人がたくさん触るところを触らずに済み、清潔です。

  • イメージ画像

    おむつ交換台

    まだトイレを使えないお子さんのために、おむつ交換台を用意しました。待ち時間のおむつ交換にご自由にお使いいただけます。

  • イメージ画像

    パウダーコーナー

    治療前後のブラッシングやお化粧直しにご利用ください。

設備紹介

  • イメージ画像

    器具除染洗浄器

    確実に滅菌を行うためには、器具についた血液・タンパク質を除去しなくてはいけません。当院では最新のICウォッシャーで汚れをしっかりと洗い落としています。
    ※以下に、洗浄・消毒・滅菌について詳しく説明しております。

  • イメージ画像

    高圧蒸気滅菌器

    使用した器具は器具除染洗浄器(ICウォッシャー)で洗浄後、厳しい基準をクリアした専用の滅菌機で滅菌処理しています。衛生管理を徹底していますので、安心してご来院ください。
    ※以下に、洗浄・消毒・滅菌について詳しく説明しております。

  • イメージ画像

    モニター

    撮影したレントゲン画像をすぐに診療台のモニターに映し出し、ご説明することができます。(※写真1) また、撮影した口腔内写真の画像も見ることができるので、直接だと見えづらい奥歯の治療箇所などを、モニターではっきりと見ることができます。 81種類のアニメーション動画が内蔵されておりますので、治療の方法など、分かりやすくビジュアルでご説明することができます。(※写真2)
    DVDを流すこともできますので、歯科治療に不安のあるお子さまもリラックスして治療を受けることができます。お気に入りのDVDがございましたら、ぜひご持参ください。

  • イメージ画像

    表面麻酔

    歯茎に塗り薬、もしくは貼り薬をすることで、歯茎の表面の感覚を麻痺させます。表面麻酔をすることで、注射の麻酔時の痛みが軽減されます。

  • イメージ画像

    電動麻酔注射器

    コンピュータ制御により一定のスピードでゆっくりと麻酔薬を注入することができるので、薬液注入時の痛みが軽減されます。

  • イメージ画像

    むし歯検知装置

    レーザー光を使って虫歯を診査し、その虫歯の大きさを数値化します。現段階のむし歯の大きさによって治療法をご提案します。

  • イメージ画像

    パノラマX線撮影装置

    従来の同機器と比較して、照射線量が1/2、お口全体のレントゲンが約7秒で撮影できる、体に優しいレントゲン撮影装置です。

  • イメージ画像

    口腔外バキューム

    お口の中の金属や歯を削ったり、お口の外で詰め物、被せ物、入れ歯の調整をする際、想像以上に粉塵が飛び散ります。口腔外バキュームは、 治療中に飛び散る粉塵を高いレベルで吸い取るので、その粉塵を患者さん自身が吸い込む心配もなく、診療室の環境もきれいに保つと同時に、院内感染を防止します。

  • イメージ画像

    電動根管拡大器

    神経の治療、根の治療に用いる機械です。熟練された手指の細やかな動きをこの機械が再現します。根の長さを計る機能も兼ね備えているため、より効率的に短時間で処置を進めることができます。 治療の困難な、曲がった根の治療や、細い根の治療もスピーディーかつ安全に行うことができます。

  • イメージ画像

    機器接続型歯面研磨清掃機

    水とパウダーを歯面に噴射することにより、ブラシの届きにくい部分の汚れや、頑固な着色を効率よく落とすことができます。 パウダーはアミノ酸でできており、体にも優しく、歯を傷つける心配もありません。

  • イメージ画像

    炭酸ガスレーザー

    外科処置(歯肉の切開、止血)、口内炎の治療、知覚過敏の治療、顎関節症の症状緩和など、様々な用途に使用します。

  • イメージ画像

    ホワイトニング照射器

    歯科医院で行うオフィスホワイトニングの際に使用する照射器です。特許取得のアーチ型照射口は、3方向から6つのライトで奥歯まで非常に効率よく照射することができます。ほとんど発熱しないため、歯に優しい照射器です。

器具の洗浄・消毒・滅菌について

HBV(B型肝炎ウィルス)、HCV(C型肝炎ウィルス)、HIV(ヒト免疫不全ウィルス)などの感染性ウィルスの院内感染を防ぐため、洗浄・消毒・滅菌に力を入れています。

器具は感染リスクに応じて分類され、それぞれ適切な洗浄、消毒、滅菌を行います

洗浄
対象物からあらゆる異物(汚染・有機物など)を除去すること(表面の付着物を洗い、すすぐこと)
消毒
対象とする微生物について、感染症を惹起しえない水準まで殺滅、または現象させる処理方法
滅菌
すべての微生物を対象として、それら全てを殺滅または除去する処置方法
スポルディングの分類
カテゴリー定義処理器具
クリティカル通常無菌の組織や血管に挿入されるもの滅菌外科器具、縫合など観血的な処置に使用する器具、スケーラー、バー、ハンドピース、根管治療器材
セミクリティカル損傷のない粘膜および創のある皮膚に接触するもの高水準消毒または中水準消毒印象トレー、咬合紙ホルダー、口腔内用ミラー、口唇鉤
ノンクリティカル損傷のない皮膚と接触するもの洗浄または低水準消毒診療台、チェアー、レントゲンコーン、光照射器、口腔内カメラ

器具の洗浄・消毒・滅菌の流れ

  1. 超音波洗浄器でタンパク質を除去

    イメージ画像 イメージ画像

    器具をタンパク質溶解液(ゼットワンエコ)に10分間浸け置きし、表面に付着した血液などのタンパク質を溶かして浮かします。そのあと超音波にかけることで、複雑な形体をした器具の細かい部分まで汚れを浮かします。(※ゼットワンエコはアルカリ性で、タンパク質溶解能が水温の高低に左右されません。)

  2. 器具除染用洗浄機(ICウォッシャー)で高水準消毒

    イメージ画像 イメージ画像

    当院で使用するICウォッシャーは、予備洗浄機能を備えた唯一の器具除染洗浄器です。予備洗浄機能とは、タンパク質が熱で変性・凝固してしまわないよう低温で洗浄する機能です。予備洗浄の際、残ったわずかなタンパク質を確実に溶かし出す中性多酵素洗浄剤を使用します。
    全工程を全自動で行いますので確実に洗浄・消毒することができます。スタッフが手作業で行う工程がありませんので、スタッフの二次感染も防ぎます。
    洗浄庫内には、吸引管専用のアダプターが搭載されておりますので、吸引管内部など細かい部分まで洗浄・消毒ができます。

    イメージ画像

    予備洗浄(タンパク質が熱で変性・凝固してしまわないよう低温で洗浄。中性多酵素洗浄剤を使用。)→本洗浄→すすぎ2回→熱水消毒(93℃10分間)→仕上げ(器具のサビを防ぐ仕上げ洗剤を使用。)→乾燥まで約90分かけて洗浄・消毒を行います。

  3. ハンドピースメンテナンス装置でハンドピースの内部を洗浄

    イメージ画像

    1本あたり25秒かけてハンドピース内部の洗浄、注油を行います。

  4. 器具のパッキング

    イメージ画像

    滅菌する器具を滅菌パックに入れます。

  5. 高圧蒸気滅菌器(クラスBオートクレーブ、ICクレーブ)で滅菌

    イメージ画像 イメージ画像

    高圧蒸気滅菌器にはヨーロッパ基準で3つのカテゴリー(クラスN、クラスS、クラスB)に分けられます。当院では、そのうち最も基準の高いクラスBのオートクレーブを採用しております。

    ※クラスBオートクレーブ・・・ヨーロッパ基準EN13060に準じたオートクレーブ
    ※EN13060・・・あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる

    従来の高圧蒸気滅菌器の場合、複雑な形状の器具やハンドピースなどを滅菌する際、内腔に残る空気のため蒸気が届きにくく、滅菌が不十分になる場合があります。 ICクレーブは、滅菌前に真空状態と蒸気の注入を3回繰り返すことで、内部に空洞のあるハンドピースなどの器具内部の残留空気を全て取り除き、蒸気を細部までいきわたらせることによって、器具の内部まで完全な滅菌が可能となっております。

  6. 洗浄、消毒、滅菌に向かない器具に関して

    イメージ画像 イメージ画像
    ゴム手袋、コップ、エプロン使い捨ての物を採用し、患者様ごとに取り替えております
    光照射器、口腔内カメラ患者様ごとにビニールカバーをして使用します※写真1
    診療台、チェアー、レントゲンコーンなど除菌液(バイオサニタイザー)で清拭します※写真2
  7. 診療台内部の洗浄に関して

    イメージ画像 イメージ画像

    お口の中で使用する水(うがい用の水、ハンドピースから出る水など)は、常に新鮮で清潔な水を使用したいため、毎朝使用する前に残留水は全て排出します。※写真1

    お口の中に溜まった水を吸うバキューム配管は、過炭酸ナトリウム溶液(マザックP)を5分以上吸引させます。過炭酸ナトリウム中に含まれる酸素によって、配管内の汚れが剥離、除去されます。※写真2 ※写真3

初診専用 WEB予約はこちら